小鳥の歌
まびかの日々の暮らしや出来事。メモ。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) ... 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
熱ちゅう
2006年09月04日 (月) ... 編集
最近読書に、はまっています。
魔の四畳半と言う名の部屋の片付けをしていた時に
本棚にあった本に夢中です。

タイトルは、
「なんて素敵にジャパネスク」

平安時代のお話。
お転婆なお姫様が主役。
これが面白いんですよ。ほんとうに。
止まらない。

恐るべし、コバルト文庫!

シリーズもので全部で十冊くらいあるんですけど
今ようやく五冊読み終えました。ふぅ~。

むかーし、誰かしらの知り合いからもらったかなんかで
一度読んだ記憶があるんですけど、
確かその時も、無我夢中だった気がします。
(その割には内容を忘れているけれど…)

あなどれませんね、コバルト文庫。

マリア様が見てるの、白薔薇さまシリーズの巻だけ
2年くらい前に購入して読んだんですけど、それ以来
コバルト文庫を久しぶりに読みました。

ドキドキしちゃう。

夜遅くまで読書するので、朝は少し眠いけど
読み終えるまでは落ち着かないしなぁ。

鈴虫さんも鳴いているので、
すっかり読書の秋です。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005-2008 mabica allrights reserved. / Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。