小鳥の歌
まびかの日々の暮らしや出来事。メモ。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) ... 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
猟奇的すぎるじゃないか。
2006年04月12日 (水) ... 編集
見ました、韓国映画「猟奇的な彼女
わがままで凶暴な女の子と優しい男の人の話。

前半戦・後半戦・延長戦と3つの構成になっていて、
前半戦、後半戦、苦痛でした。
女の子がとにかく凶暴だし、なのに正義感にあふれてて
あまり好きになれなかった。
相手の男の人は終始、とにかく優しく何でも受け入れて
彼女の言う事を聞いてあげてました。
でも。
これは、その男の人の好みのタイプ(外見が)だったから
成り立ったんじゃないかしら。
凶暴でも許してつきあえたんじゃないかしら。あるいは、
Mの気質があったんじゃ?

延長戦は、なかなかホロリとなりました。
普段気の強い人が、いつもと違って弱いところを見せると
心が揺れるものですね。

やっぱり、甘くて切ない話が、
ロマンチックなのが好きなんだと
再確認しました。
凶暴なのはダメだ。好きになれない。

3つ借りて見た中で一番好きだったのは、
「天国の本屋~恋火」でした。

あまりヒットしない映画が好みのようです。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005-2008 mabica allrights reserved. / Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。