小鳥の歌
まびかの日々の暮らしや出来事。メモ。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) ... 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
シソ焼酎
2006年09月29日 (金) ... 編集
夜、なんらかのお祝いのお酒で
乾杯することにする。

かんぱーい!

1杯目で、思考回路がゆるやかになって
2杯目で、体が重ーくなりました。鉛のように。

帰るのめんどくさい。

とは思ったんですけど、帰りました。
片道通常、40分くらいしかかからないんですけど、
1時間半かかりました。

(なんなんだ・・・)

電車が30分たたないと来ないとか、
乗り継ぎで、26分後にしか電車が走らないとか、
そういう田舎の事情です。

しびれますね、こういうのって。
ねぇ。
こういうのも、スローライフって言うの?

教訓。
あの時間帯(22時台)に帰ると、家に着くのが24時前。

にゃー!
スポンサーサイト
美少年
2006年09月26日 (火) ... 編集
家に帰ると、
弟プーさんの友達の中で一番の美少年が
遊びにきていました。

お、男前が家に来てる!
何年ぶりだろう。
たぶん、何十年ぶりかのご対面。

♪るるる~ ららら~

ごたーいめーん。という事で、
挨拶などしたんですが。

歳月というのは、流れているのですね?

まびかが、その美少年を最後に見たのは
丁度、美少年が一番美しい時期。
高校生の時でした。

あー。
ヒゲが!
ヒゲなんか生えちゃって!
ヒゲなんか生やしちゃってるよ!

美しすぎた美少年は、
すっかり年相応の青年になっちゃってました。
少年っぽさが消えて、ちょっと残念だったり。
(でも十分かわいいけれど)

そんな事を言ってるけれど、
向こうも向こうで、
おねーさん老けたねーなんて
思ってるのかなー。

♪るるる~

ちょっと面白かったです。
キリリ少年
2006年09月25日 (月) ... 編集
某、待合室での光景。

幼稚園年長組くらいのキリリとした男の子と
若いお母さんが、待合室で待っていました。

キリリとした男の子は、
絵本をひらいて突然、こう言いました。

「ぼく、あおいちゃんと結婚する!」

どうしたんだろうとは思いましたが、素直に
ほほ笑ましく思いました。

(ちなみに、あおいちゃんという娘っ子は
その待合室にはいなかった模様)

こどもは純粋なのですね。
そういう突拍子のなさに、今は憧れます。
脱日常
2006年09月24日 (日) ... 編集
どこか遠くへ行きたい。
緑に包まれたい。

その願いをかなえるべく、フムフさんが
三重県に連れてくれました。

伊勢神宮 内宮にお参りに行きました。
やっぱり、歴史が半端なく長~いお伊勢さん。
2000年の時を越えたたたずまいに魅了されてか、
車も人も、いっぱいでした。
こんざつ
だいこんざつ。

ぞろぞろ歩く(下のちびっこいのは人の群れ)


この階段を上がると、御正宮(ごしょうぐう)。
四重の垣根に囲まれている作りなので、中が見れません。
しかも門をくぐると撮影禁止の文字。
あぁ!その中に何があるの!神様がいるの!
見えないと見たくなるのが、人の常でありますが、
見る事かなわず。
神秘的だな~と思うにとどまる。

内宮の参道までに、お店が沢山あって(おかげ横町とか)
楽しめました。
アメ細工の人が、空を飛んだアンパンマン作っていました。
串刺しのキュウリも、売っていました。
アンティークの招き猫の群れ(売り場)を見て、フムフさんが
おびえていました。(何か感じたのか)

なになに?
なーんにも感じないけど?

にぎやか
2006年09月23日 (土) ... 編集
今日は朝もはよから、
小学校で運動会が行われていたようです。

そうでした。
運動会シーズンでした。

大音量で、ドラえもんの曲やら
すたーうぉーずの曲やら流れまくっていました。

赤組がんばれ!
青組がんばれ!
マイクで放送委員らしき少年の声。

わぁぁぁぁ~~~!!!!
大歓声が、響き渡っています。
あぁ。
涙が出てくる。

先週は、家の前で
お祭りワッショイ!
おみこしのゴールが家の前だったので、
ものすごい歓声でした。
音頭なども熱唱されて。

来週は、町内や学区やら、あと幼稚園やら・・・と、
イベント盛りだくさんです。(母情報)

いやぁ~。にぎやかですなー。
目を細め、遠くを見つめる、まびかのオータムであります。

夜は、鈴虫さんとカエルさんの合唱で
とてもにぎやかです。
お茶碗2杯半
2006年09月21日 (木) ... 編集
それは水曜日。
なんだか暑くて、つるつると食べられる
涼しい食べ物が食べたくて。

そういえば、うどんとか定食やってそうな
ご飯屋さんがあったな~と思い出して、
お昼に食べに行ったんですけど。

ぬくいのしかないお店でした。
そして、よく見れば釜飯屋さんでした。

仕方がないので、涼しい食べ物はあきらめて、
釜飯オムライスなるものを注文しましたよ。
オムライス
どーん。
お茶碗2杯半は軽くあるボリューム。
えぇ。
まんまと平らげたんですけどね。

おかげさまで、狂おしいくらいお腹いっぱいになりました。
夕方になっても、お腹いっぱいのままでした。

お店のおばちゃんは気さくでした。

以上、
釜飯のオムライス、初体験報告でした。
ぼんやり子
2006年09月20日 (水) ... 編集
ごきげんな足取りで、音楽を聞きながら
駅から家までの帰り道。てくてくと歩く。

いいかんじ。
いいかんじ。

鼻歌まじり。
家はもうすぐ。
あら。
家の前で母が手を振っているわ。
手をふるわたし。

ただいま~。

すると、母が
「何度も電話したのに出なかったじゃないの。
で、まびか自転車は?」
とおっしゃる。

(じ・て・ん・しゃ?)

がーん。
なんてことを。
今日は久しぶりに駅まで自転車だったんだった!

・・・。

という訳で、再び駅に車で引き戻され
自転車でふたたび、家路につくはめになったのでした。

ボケるにもほどがある。

♪ボケボケだ~ ボケボケだ~

秋はたそがれですね。
ズキンちゃん
2006年09月19日 (火) ... 編集
3連休。
悲恋なんかしちゃって、ガーン
なんて。
バーチャルでも悲しい。ううう。

変な体制で夜な夜なゲームをしたせいなのか、
重度の肩こり。
すこぶる冴えません。

やらなきゃいけない事そっちのけで
部屋にこもってゲームをした罰なのでしょう?

自然治癒ではなおらなかったので、
半分は優しさでできているバファリンを
先ほど飲むことにしました。

ズキズキ。
頭の中で、ズキンちゃんが大暴れ。

アソパソマーン、たすけて~!
うんどう会
2006年09月15日 (金) ... 編集
駅までの道のり。
幼稚園と小学校のとなりを通過するんですけど
子供たちは元気ですね。

幼児たちは、朝っぱらから駆け回っている。
小学校では、運動場や体育館で
赤白帽をかぶって体操着をきた子供達が、運動会の練習。
100メートル走の練習とかしている。

げんきだわー。
新撰組
2006年09月12日 (火) ... 編集
この前の日曜日。
勢いに任せて、幕末恋華 新撰組なるものを
購入しちゃいました。
史実に基づくストーリーだというので、
歴史の勉強になるかしら~
なんて名目で手を出しちゃったんですけど。

ネオロマンスづいていた、わたしには
かなり衝撃的なゲームでした。
とてもクラクラしました。

だって、周囲、バッタバッタと死んで行くんですよ。
うわーん。みんな死んでく・・・。うおー。

運良く、初めにクリアしたのが
斉藤一だったのが救いだった・・・
(斉藤一は、長寿で最後まで死なない)
けれど。けれども。
死にすぎだよぉ~!!!!

人生を大切にしなきゃって、
ゲームで痛感したのでした。

それはそれで良しとして、
なんだか、気後れして先に進む気には・・・。
マロ。
2006年09月11日 (月) ... 編集
無事に退院したフムフさん。

「マロのお気に入り。マロのお気に入り・・・」
ぶつぶつ言いながら登場。

フムフさんの顔が、公家顔傾向にありマロ顔だという事を
悟ったのかしら・・・と思っていたら、

まろのおきにいり

お菓子の名前をつぶやいていただけでした。

よく似合う。
よく似合うお菓子名だよ!

ふんわりとしていて、美味しいお菓子でした。
トマジュー
2006年09月10日 (日) ... 編集
フムフさんの左手首。
痛々しく、点滴の管が腕に取り付けられていて
そのチューブ内で血が逆流していて、
チューブが赤く染まっていました。

それを見て、
ぎょっ!となったまびかの口から
するすると出た言葉は、

「自分、腕からトマトジューズ出てるやん!
お腹すいたら、チュルチュルチュル~って
吸ったらいいなー」

でした。

それを聞いたフムフさんは、ヒドい事言うな~と
言っていました。
うん。
よーく考えたらヒドいな。いや、
よーく考えんでもヒドいな。

ある種、言葉の暴力になりえるのではないか。
いつからこんな、意地悪なS気質がまびかに
芽生えたんでしょう。ね?
フムフさんの広い心に感謝です。

月曜日、ようやくフムフさん退院です。
短かったような。長かったような。
よかったよかった。
うなだれる患者
2006年09月08日 (金) ... 編集
お見舞いに行くと、夕方まで
精神的ダウンだったというフムフさん。

「ひどいねん。モーニング採血しよんねん。
いっぱい血を抜かれてん!」

なんだかその口ぶりがおもしろくて、

「そっか~。じゃあ、看護婦さんにお願いして、
明日も採血してもらえるようにお願いしておくわー」

そう意地悪をいうと、
フムフさんは石のように固まってしまいました。
ルミナール
2006年09月07日 (木) ... 編集
手づくりパンのお店「ルミナール」
白神パン 酵母ぱん
〒602-8284 京都市上京区中立売通千本西入ル亀谷町692
定休日/日曜日

ここのパン屋さんで使用していうる菓子パンの酵母は、
世界自然遺産に登録されている白神山地の地域内の
腐葉土の中から発見し培養された白神こだま酵母。
どんな感じなんだろ~と思って買って食べてみたら、やわらかくて
とっても軽い感じのパン生地。
食べやすくておいし~。

白神こだま酵母には、自然界の糖類トレハロースが
多量に含まれていて、乳化剤等の添加物を使用しなくても
やわらかなパンになるそうです。
ほんのり甘みもあります。
副材料も手作り・できる限り国産・添加物の少ない物を
使用しているそうです。
トレーに、常連さんのおとり置きパンがいくつもあったっけ~。

日常食べるのに最適なパン屋さん。
また行きたいかも。
ぼじょぼじょ
2006年09月06日 (水) ... 編集
どういう訳なのです、これは。
大雨じゃないの!
雷とか、すごいじゃないの!
もしかして神様に試されてる?

お見舞い。

病院に到着した頃にはすっかり雨に濡れ、
いわゆるひとつの、水にしたたるイイ女になりました、まびか。

(もー。神様、試し過ぎやで?こんな試練、いらんと思うで?)

そんな不機嫌ぶりを見抜いたのかどうだか、
入院患者フムフさんは
あったかいココアをごちそうしてくれたのでした。

仕方ない。
明日もお見舞いに行こうではないか。
入院
2006年09月05日 (火) ... 編集
のんきに構えていたら、入院。

フムフさんは細菌に幅をきかされて
ズキズキする病気にかかってしまったので
入院なのです。

「軽く、入院してくるわ~」
そんなノリで。
「おぅ。早くなおしてくるだよ~」
そんな感じで。

まびかは見た目より頑丈に出来ているのでよかったなー。
はかないのには、無縁です。

1日3度、点滴だと後できいて、
注射のたぐいが大嫌いなフムフさんは、
だまされた~!とも言っていました。
だまされたも何も、なかろうが。
熱ちゅう
2006年09月04日 (月) ... 編集
最近読書に、はまっています。
魔の四畳半と言う名の部屋の片付けをしていた時に
本棚にあった本に夢中です。

タイトルは、
「なんて素敵にジャパネスク」

平安時代のお話。
お転婆なお姫様が主役。
これが面白いんですよ。ほんとうに。
止まらない。

恐るべし、コバルト文庫!

シリーズもので全部で十冊くらいあるんですけど
今ようやく五冊読み終えました。ふぅ~。

むかーし、誰かしらの知り合いからもらったかなんかで
一度読んだ記憶があるんですけど、
確かその時も、無我夢中だった気がします。
(その割には内容を忘れているけれど…)

あなどれませんね、コバルト文庫。

マリア様が見てるの、白薔薇さまシリーズの巻だけ
2年くらい前に購入して読んだんですけど、それ以来
コバルト文庫を久しぶりに読みました。

ドキドキしちゃう。

夜遅くまで読書するので、朝は少し眠いけど
読み終えるまでは落ち着かないしなぁ。

鈴虫さんも鳴いているので、
すっかり読書の秋です。
お気に入りのお店
2006年09月02日 (土) ... 編集
紹介しよう。紹介しようと思って、
紹介しそびれていたパン屋さんがありました。
見た感じ、鮮やかなオレンジ色が素敵なパン屋さん。
一度聞いただけでは覚えられなかった名前のパン屋さん。

ブランジェリー ティー・ダンジュ
Tel/075-411-0134
営業時間/7:30am ~ 20:30pm 水曜定休
住所/京都市北区千本通鞍馬口30m上ル
オレンジ色のパン屋さん

そのすぐ右となりには、ケーキ屋さん。
入り口は別れていますが、パンを購入した後、パティスリーの方で
パンを食べる事が可能です。

パティスリー タンタシオン・ダンジュ
Tel/075-411-9333
営業時間/10:00am ~ 22:00pm 水曜定
タンタシオン・ダンジュ

どちらのお店にも入りました。
パン屋さんの方は、夢見心地で美味しそうなパンだらけ。
おいしい!
ケーキの方も食べました。
おいしい!
もうケーキとかはキラキラしてて、ずっと見ていたい感じ・・。

なんだか食べ物の話ばかりになっていますが。
食べキャラ、卒業するはずだったのにな~。
モグモグ。とまらないわ~。
京都のプチフランスなのか
2006年09月01日 (金) ... 編集
京都の小さなフランスのパン屋さんだと噂の
大人気のパン屋さんに、朝たちよりました。

Le Petit Mec (ル・プチメック)
ル・プチメック
金土日しか営業していないパン屋さん。
なんて素敵な!
週休4日!

という事はたぶんなく、平日は仕出しなどで忙しいのでしょう。
何十件かのこだわりのレストランなどに
パンを卸しているようですから。
しかも、お店ごとにこだわってパンを作られているそうなので。

お店の中は、キラキラした美味しそうなパン達で溢れていました。
店内でも食べられるようになっていました。

食いしん坊にはたまらない、
一口サイズ(大きな口を開けたら入るかなくらい)のパンが
沢山ありました。
わー!種類もいっぱいあるー!

興奮して、何が何やら買い込みました。
肝心のイチオシのこだわりの、
バケットやクロワッサンの事は忘れて・・・。

朝に買ったのに、お弁当をもっていたので
夜に頂きました。
最高の食べごろを逃して食べたんですけど
なかなかのものでした。
焼きたてならもっとおいしかろうと。

焼きたてを想像しても、焼きたての味にはならないので
やっぱり次は、ホカホカ食べ時に食べようと誓いました。

「神様!まびか、次はホカホカを食べます!」

今出川通り周辺が、パン屋の激戦区らしくて
自転車でいける範囲にたくさんこだわりのパン屋さんがあるので
(勝手に)大変です。
まさか、こんなにパン屋があったなんて!
京都は志津屋と進々堂しかないと思っていたのに!
(ヒドい勘違い)

そんな興奮した毎日を過ごしています。

早く、パン狂いの東京在住のお嬢さん、
遊びにいらしたらいいのに~。
copyright © 2005-2008 mabica allrights reserved. / Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。